HOME
>
介護改修

介護リフォームで快適な住まい

 

 ※介護リフォームのことなら1000件以上の実績のある!!

       弊社におまかせください!!  

 

              

 

 

介護リフォームとは

高齢化などに伴って身体機能が低下すると、住み慣れた家でも使いにくさを

感じるようになり、段差でつまずいて点灯するなど家庭内事故につながる

ともあります。
住宅の中でそれらの原因となるものを取り除き、わが家でできる限り自立

した生活を続けられるようにするのが「介護リフォーム」です。

   

介護保険を利用して行える介護リフォームには、以下のようなものがあります。

  • 床の段差を解消(玄関・浴室・敷居・出入り口などの段差の解消)
  • 階段、廊下や浴室・トイレに手すりを設置(玄関・廊下・階段・洗面・トイレ・浴室・屋外の手すり・他)
  • 車いすで使用できる出入口、トイレへの改善(洋式便器への交換・便器の高さ変更)
  • 廊下や浴室の床をすべりにくい床材に変更
  • 引き戸などの扉の変更(介護者が開けやすい扉へ取り替え)

 

※リフォームの進め方は一人ひとり異なります。

 

自分の場合、どこに問題があって、どうしたいのか、課題と目標をしっかりと定めて計画することが重要です。

 

施工実例 : 手すり 

 

Before
手すり① 室内
After
手すり① 室内

 

 

Before
手すり② 外構
After
手すり② 外構

 

 施工実例 : トイレ

 

Before
和式トイレ
After
洋式トイレ

 

住宅改修の支援制度について

 

要介護(要支援)認定を受けた方が

介護に関する仕事をする場合

最高20万円の9割(自己負担1割)

が支給されます

 

  ※弊社は、介護保険制度の住宅改修に関する

    補助金の申請業務致します。